愛する人と別れてつらい。。。

どうも!!!

 

 

 

福岡の心理セラピスト(リトリーブサイコセラピー)の前田 ひとみです。

 

 

先日、新幹線の隣に座ったイケイケ女子風の2人が、彼氏と別れた話をずっと話しておりました。

(3人席のね、窓側でしたの、わたし。。。)

 

 

イケイケ①「いい経験になったわ。。。」

イケイケ②「もう、次行こ!次!!」

と同じ会話のラリーが続きます。

 

 

 

本当は怒ってるね。。。

悲しいね。。。

サービスエースが決まればよかったんでしょうけども、残念ながら新大阪〜広島までラリーが途絶えることはありませんでした。。。

 

 

こんな風に、自分の本当の気持ちを無視してしまったり、気持ちを受け止めてもらえていなかったりすると、心の傷からなかなか立ち直ることができなくなってしまいますよね。

 

 

 

 

 

愛する人との別れ、これは人によって様々だと思います。

 

 

 

恋人やパートナーと別れたり、親や子どもと離れ離れになったり。。。

 

 

 

早く気持ちを切り替えたいのに、なかなか気持ちが前向きになれないなんてこともあるのではないでしょうか。

 

 

 

そんな時の痛みはとてもつらいものですよね。

 

 

 

時と共に少しずつ慣れていくどころか、何ヶ月経っても、何年経ってもずっとずっと心の傷が癒えてこない。。。

 

 

 

自分はどうしてしまったのか、いつまでこのつらさが続くのか。。。

 

 

 

そんな出口のないトンネルに入ってしまい、自分が分からなくなってしまう。。。

 

 

 

別れのつらさ。。。

 

 

 

 

今日はそんな、愛する人と別れてつらい。。。」というテーマでお届けします。

 

 

f:id:taiyotoniji:20200112214508j:image

 

 

 

愛する人と別れた時、あなたは何を感じますか?
どうなりますか?

 

  • 悲しみに暮れる
  • 別の何かに没頭する
  • この別れには何か意味があるはずだ、と無理にポジティブな意味を探す
  • 自分が悪かったんだと責める
  • 周りの人に八つ当たりする
  • 別れの事実を考えないようにする
  • 別れる前の感情を思い出してしまう
  • 別れがなかったことのように振る舞う

わたしは息子を失っていますが、全てと言っていいほど、このような状態に陥りました。

 

愛して愛して止まない存在と別れたわけですから、その悲しみは同然です。 

 

 

心から悲しみ、心から泣き、心が崩れそうになっても仕方がないと思います。

 

 

 

別れから立ち直れず、心理的な症状が出たり、何もする気にならなくなってしまったり、何かに依存したり、引きこもりのように人と会うのを避けてしまう。

 

 

ある一定期間、このような状態になることもあると思います。

 

 

 

だって、心から愛していたんだから。

 

 

ただ、ずっとずっとこの苦しみや、辛さから逃れられない時、そこにあるのは別れの悲しみだけではないんです。

 

 

 

別れからずっと立ち直れない時は、人とつながりたいと思いながらも、人と会うと傷つけられてしまう感覚が強く、段々とひとりになっていく。。。

 

 

 

愛する人と別れた悲しみや寂しさや辛さを、誰とも共有できずにどんどん孤独を増していってしまいます。

 

悲しみや寂しさや辛さを誰とも共有できないことほど、人を孤独にするものはありません。

 

 

別れを引きずると、人は孤独になっていきます。

 

 

孤独が続くと、鬱や睡眠障害、何かへの依存や自殺未遂などさらに苦しい状況へと向かってしまうことがあります。

 

 

これ、別れたことが問題なんでしょうか。

 

 

どんか人でも、人と別れずに生きていくことなんて不可能です。

 

 

そもそも別れがコントロールできるなら、愛してやまない人との別れを、何とかして回避するはずですから。

 

 

では、別れがずっとつらく、立ち直れないことの本当の問題はどこにあるのでしょうか?

 

 

 

それは。。。

 

 

 

自分自身を見れないこと、なんです。

 

f:id:taiyotoniji:20200112214525j:image

 

 

愛するその人を愛することで、今まで自分を見なくて済んでいたんです。

 

 

愛するその人から愛されることで、自分を満たすことができていたんです。

 

 

自分自身を愛することができないから、誰か他の人から愛をもらうことで、自分の不安を消すことができていたんですね。

 

 

愛する人の存在があれば、自分が感じている不安や恐怖を感じなくて済んでいたんです。

 

 

その愛する人がいなくなってしまった時に、直面する事は何でしょうか?

 

 

それは自分の不安や恐怖であり、自分で決断していく人生であり、まさに自分自身に向き合うことになるんです。

 

 

 

自分自身の不安や恐怖に、自分が向き合えないこと。

これが問題なんです。

 

 

 

愛する存在を失ったその時こそ、自分が自分のことをどのように思っているかがはっきりと醸し出されてしまいます。

 

 

別れや喪失の悲しみや痛みが誰かや何かで埋まる事はありません。

 

 

その悲しみや痛みが消える事はありません。

 

 

こう言うと、一度でも別れを味わうともう絶望しかないようにも思うかもしれませんが、決してそうではないんです。

 

 

悲しみや痛みと共に生きることはできるから。

 

 

 

でも、自分の価値のなさや虚しさや空虚感、自分への不信感や罪悪感と共に生きていくことは、自分自身の生きる力を奪っていってしまいます。

 

 

 

どれだけ時間が過ぎようとも、誰が分かち合おうとしてくれようとも、自分自身の生きる力を信じることができなければ傷は癒されないままです。

 

 

 

いつまでも愛する人との別れが辛くてたまらない、そんな時はもしかしたらあなたは自分の人生を生きることが怖くてたまらないのかもしれません。

 

 

 

自分自身を生きるということが、どのような恐怖に結びついているのか根本的な問題を解決していくといいですね。

 

f:id:taiyotoniji:20200112214625j:image

 

 

<1月モニター募集のお知らせ>

 

 

 

1月のセッション募集日をアップしていますので、申し込みお待ちしております!!!

 

 

 

 

ご確認の上、下記よりお申し込みくださいね。

 

 

 

たくさんの失ったもので傷ついた心が回復していくよう、自分の精一杯でカウンセリング・心理セラピーをさせていただきます!!!

 

 

 

<1月セッション予約可能日>

 

17日(金) 10:00〜 /  14:00〜

18日(土) 10:00〜 /  14:00〜

20日(月) 10:00〜 /  14:00〜

 

※上記以外の時間についてはご相談ください。

 

 

お申し込みはこちらからどうぞ↓↓↓

 

リトリーブサイコセラピー – 生きるのがつらい毎日に、心が安心して帰る場所を

 

終わりは始まり

こんにちは。

 

 

福岡の心理セラピスト(リトリーブサイコセラピー)の前田 ひとみです。

 

 

 

もう3月も半ばになりましたね。

 

 

 

少しずつ、暖かい日差しも増えてきましたね。

 

 

 

そして3月と言えば、卒業、転勤、引っ越し、など別れ、旅立ちの時でもありますね。

 

 

 

わたしは、学生時代、この時期がとても苦手でした。

 

 

 

せっかく仲良くなった友達と、クラスや学校が離れるのがすごくすごくイヤだったんです。

 

 

 

新しいことに馴染むまでに時間がかかりまくっていたわたしは、クラスや学校に慣れてくるのはだいたい3学期。

 

 

 

楽しくなってくるのも3学期。

 

 

 

楽しくなってきたところで、また別れ。。。

 

 

 

3学期のわたしといえば、ずっとこのままだといいのに。。。

 

 

 

という、何十年と変わらないマンガのサザエさんのような世界を望んでいました。

 

 

 

おかげで、全く学業には身が入らないという大変な毎日でした。

 

 

ええ。。。

 

 

やる気はあったんですけどね。。。

 

 

 

気持ちは、猛勉強してたんですけどね。。。

 

 

 

注:お気づきのこととは思いますが、このサザエさんを望む問題がなかったとしても、わたしの学業は身が入っていたのか、という検証はお断りさせていただきます。。。

 

 

 

しばし、心を落ち着けます。。。

 

 

さて、検証される前に今日のブログを行ってみましょう!!!

 

 

 

今日は、終わりは始まりです。

 

 

 

今まで生きてきた中で、「別れ」の経験がない人はいないと思います。 

 

 

 

そうした経験の中で、失恋、自分や親の離婚、大切な存在との死別。。。

 

 

 

これは、大きな苦しみを伴います。

 

 

 

昨日までと今日が、全く違う景色になる。

 

 

 

もう、自分の人生は終わった。。。

 

 

 

ここで全てが止まったように、視界が真っ暗になり、頭が真っ白になる。。。

 

 

 

つらく、苦しく、悲しい時にそれをそのまま表現できればそれが1番いいんです。

 

 

 

でも、それができない時、どうなってしまうでしょうか?

 

 

 

◦他の誰かや何かにすがりすがりつきたくなる。

 

 

 

◦感情に飲み込まれないように、そんなに大したことではないと言い聞かせる。

 

 

 

◦起こった出来事の意味を考え納得させる。

 

 

 

◦今よりももっと努力して自分を磨こうとする。

 

 

 

◦この出来事をなかったことにする。

 

 

 

◦大きく笑ったり、怒ったり、感じている感情と別の感情で発散しようとする。

 

 

 

こうすることで、気持ちを別に向けようとします。

 

 

 

わたしも例外なくそうでした。

 

 

 

これらをやってはいけないということではないんです。

 

 

 

もちろん、全てをすぐに受け入れられるほど人は強くありません。

 

 

 

ただ、ずっとずっと別れを忘れるためだけに自分のチカラを注ぐので、自分の中でいつも真逆のチカラがせめぎあいます

 

 

 

心がいつも葛藤し疲弊するので、死にたくなったり、無気力になってしまいます。

 

 

 

これでは、生きているのがつらくなります。

 

 

 

では、どうしたらいいのか?

 

 

 

 

受け入れましょう、悲しみましょう、泣きましょう。。。

 

 

 

よく言われていますし、その通りだと思います。

 

 

 

でも!!!

 

 

その通りなのにそれができないんです。

 

 

 

受け入れられない、悲しめない、泣けない。。。

 

 

 

だからつらいんです。

 

 

 

どうしてできないのか?

 

 

それはこの別れによって、自分の心の奥底にあるとてもイヤな感情を味わってしまいそうだからです。

 

 

 

ちょっと自分に聞いてみてください。

 

 

この別れを体験してしまった自分をどう思っているのか、と。

 

 

この「別れ」という出来事によって、自分が今までそっと隠して閉じておいた自分の存在価値がぐらついたんです。

 

 

別れを受け入れることは、自分の無価値観、自己否定、罪悪感を受け入れることに等しいんです

 

 

 

だからどうしても感じたくなくて、生きていたくない、もうどうでもいい。。。と感じることを切り捨てて、守ろうとします。

 

 

 

そうなんです、これでは本当の解決にはなりません。

 

 

 

上手くかわせたように思えても、また他の別れを経験すると出てきます。

 

 

 

別れがつらいほどの相手。

 

 

 

それは、自分がその相手を愛していた証です。

 

 

 

別れを否定することは、自分の愛も否定することになります

 

 

 

わたしも否定してきた側だからこそ、そのつらさを過去にたくさん味わいました。

 

 

 

 

 

なぜ、自分のことを無価値だと思い込んでしまったのか。

 

 

 

自己否定や罪悪感を抱えてしまったのか。

 

 

自分の底にあるその感情を見る事こそ、自分の帰る場所を作ることに他なりません。

 

 

 

感情は、気づいただけで終わってはいけないんです。

 

 

 

気づいたところから、変わっていいんです。

 

 

 

変わるためには、勇気も必要です。

 

 

別れという終わりは、

 

 

 

自分との出会いの始まり

 

 

希望の始まり

 

 

勇気の始まり

 

 

 

になりますよ。

 

 

 

 

 

興味を持ったり、

フォローしてもらえると最高です(*´▽`*) 

 

 

小躍りしながら、ない胸に希望を膨らませながら喜びます♪

 

 

Facebookページ

https://www.facebook.com/taiyotoniji

 

Twitter

https://twitter.com/taiyotoniji