怒りの抑圧は、怒りに支配される。

昨日のブログ、

怒れない。。。

 

怒らない、のではなくて、怒れない。

怒りという感情そのものを感じないように抑えたり、感じたとしてもそれを出してしまわないように何とか抑え込む。

どうしてそこまでして、自分の怒りを無くしてしまおうとすると思いますか???

 

 

怒りを何とか感じないようにしたい。

そう感じるのは、怒りを感じ、それを表現することを何より怖がっているからです。

 

怖いんです。怒ることが。

わたしは、表面では怒りながらもその怒りは自分へのイライラという形で向けていました。

 

怒りを感じてしまったら、出してしまったら、今まで頑なに信じてきたり、守ってきたものが壊れてしまいそうで怖かったんです。

 

 

怒ってしまったら、

自分が自分じゃなくなる

自分が悪いと罪悪感を感じる

自分が嫌いになる

だから避けて感じないようにする。

 

怒りを出してしまったら、

関係が壊れてひとりぼっちになる

周りから嫌われてしまう

虚しさに襲われる

だから出す前に抑える。

 

怒れない、というのはアナタが怒らないことを決めている、ということです。

イライラしながら、

ウツウツとしながら、

怒るような自分がダメなんだと自分を責めることで、

アナタは自分の怒りの感情を封じ込めることに自分のチカラを注いでいれば、怒らない自分でいられるし、自分自身を守ることができるんです。

 

何から守れるのか???

そう思いますよね。

怒ってしまうと気がついてしまうんです。

自分の本当の気持ち。

自分が本当に感じている気持ち。

自分がずっと抱えていた気持ち。

そんな気がつきたくない気持ちに。

 

それは、わたしにとって両親への気持ちでした。

愛してほしい。

見てほしい。

分かってほしい。

受け入れてほしい。

認めてほしい。

怒ってしまうと、この気持ちが何ひとつ満たされないという現実に直面してしまうんです。

 

怒らなければ、自分に怒りを向けながら、まだ希望を捨てずにいられたんです。

 

でも、その守り方では相手を守れたとしても、自分自身を守ることはできません。

 

怒れないままだと、アナタの周りには

アナタを利用してくる人

アナタに意地悪をする人

アナタをぞんざいに扱う人

アナタに要求ばかりしてくる人

アナタをバカにする人

アナタを支配する人

が集まってきます。

 

その不当な扱いから自分を守るのが怒りの感情なんです。

 

自分が自分の怒りを感じない限り、ずっと誰かのゴミ箱になる人生になってしまいます。

 

自分が自分の怒りを出さない限り、ずっと周りの誰かに守ってもらう人生になってしまいます。

 

誰かのゴミ箱。

誰かに守ってもらう。

そのためには、自分の怒りは抑圧しないといけません。

すると、抑圧した怒りにずっと支配されることになります。

抑圧すればするほど、不安と恐怖が強くなります。

 

溜まりに溜まった怒りは、不安と恐怖から、自分にとって大切な人にほど

怒りの爆発

意地悪で発散

執拗な無視やいじめ

という形で向います。

 

これでは、人間関係が壊れてしまいます。

 

怒りを自分のために感じること。

相手にぶつけるためでなく、自分を守るために怒ること。

 

自分で自分を助けるために。

自分で自分を守るために。

自分で自分を信じるために。

 

これが

自分で自分を大事にすること

相手も自分も大切にすること

だとわたしは思います。

 

 

 

↓↓↓個人セッションのお申し込みはコチラから。

 

↓↓↓お得なメルマガの登録はコチラから。

 

怒れない。。。

福岡の心理セラピスト(リトリーブサイコセラピー)の前田ひとみです。

 

健康診断に行ってきました。

ええ、もう連日の暑さで夏バテですよ。。。

タイリョクダイジ!

カラダイタワル!

痛感するお年頃です。

 

健診待ちの時、割と待ちが長かったんです。

ずぅーーーっとため息ついたり、

足をビンボー揺すりしたり、

コメカミを手で何度も抑えたりするおじさまがおりました。

明らかに怒ってるんですけど、出さないでそれを察知してほしい感がアリアリと出てるもんだから、誰も声をかけないんです。。。

まぁ、わかりやすい悪循環。。。

おじさまのガマンが、健康を害さないことを願ったのでした。。。

 

今日は人間が誰でも持つ怒りの感情。

これを何とか抑えようとする心理、

「怒れない。。。」

というテーマで書いていきます。

 

 

「怒り」

自分の中にある怒りの感情に気がついていないこと、そもそも多いと思います。

感じたとしても、できるだけ抑えたかったり、無くそうとしたり、別の感情に変換しようとしたりして、意識したくない感情ではないでしょうか。

 

何となく怒りの感情は

人を攻撃して傷つけてしまうもの、

我慢の足りない人が出すもの、

自分の知っている誰かのようになってしまうもの、

というように

よくないもの。

虚しいもの。

破壊するもの。

というイメージがあるのかもしれません。

 

わたしも、怒るのはすごく苦手でした。

自分がイライラしているのは分かってはいたものの、自分の怒りを自分でコントロールできないなんて、だっさいぜ!とばかりに、抑えることにエネルギーは向いておりました。

 

そもそも、感じないと怒りは出せないので、怒りそのものをよくないものとして、怒りを感じないようにしようと努力していました。

 

ええ、そんな努力はもちろん無理です。。。

 

人間はあるものをないようにすることはできないからです。

怒りの感情を感じているのに、それを無かったことにすることはできません。

 

なので自分の感じた怒りにウソをついたり抑圧したりすればするほど、

ガマンが爆発して関係が破綻したり

怒りが自分に向いてウツっぽくなったり

自分が分らなくなって生きることが怖くなったり

人生をどんどん苦しいものにしていきます。

 

 

怒りをガマンして感じない。

怒りを抑えて出さない。

そうすればするほど、相手も自分に対して何をしてもいい人なんだと思いますよね。

 

絶対に怒らないんだから、どんなことだって

言ってくるし、

やってくるし、

要求してきます。

 

なのに、どうして怒らないのか?

 

そこには

自分がガマンすれば丸く収まる

怒ったところで何も変わらない

人が争うところを見たくない

怒った後に悲しくなって自己嫌悪してしまう

怒りを出すと何倍にもなって返ってくる

怒ると自分から人が離れていく

という感覚があるからです。

だから、怒れないんです。

 

わたしは、この感覚が大きくありました。

 

この感覚があると、怒った後のデメリットが大きすぎるように感じて、怒りを抑える方へと自分のエネルギーを使うので、怒ることができません。

 

そう。

「怒らない」のではなく「怒れない」んです。

 

怒りをガマンして感じない。

怒りを抑えて出さない。

そうすればするほど、相手とは本当にいい関係を築けるのでしょうか?

何をしても怒らないのだから、相手はこちらに何をしてもいい人なんだと思いますよね。

 

絶対に怒らないんだから、どんなことだって

言ってくるし、

やってくるし、

要求してきます。

 

ガマンして抑えれば抑えるほど、相手は何だってしてくるようになります。

 

その時、アナタならどうしますか?

続きはわたしの経験を踏まえながらまた明日!!!