諦めるという生き方。。。

福岡の心理セラピスト(リトリーブサイコセラピー)の前田ひとみです。

 

猛暑とセミな福岡です。。。

昨日の夕方、いきなりものすごい勢いで雨が降ってきました。

子どもたちと家の中から虹の歌をうたいながら、雨が止むのを待っておりました。

 

その雨で、子どもたちが朝の遊びの時に庭に作っていた迷路や川が壊れたんです。

 

「あーあ。また雨が止んだら作ろー。」

と言う子もいれば、

「せっかく作ったのに!雨、許さん!」

と言う子もいました。

 

結局、雨がすごくてその後に外で遊ぶことはできなかったんですが、

先の子は、その迷路や川の続きをブロックや積み木でまた作って遊んでいましたが、後の子はもう朝楽しく作ったことを思い出したくないとばかりに、周りの子が作っている迷路や川を避けて別の遊びをしていました。

 

どちらも気持ちは分かるんですが、この反応は「自分や世界をどう感じているか」をよく現しているな、と感じました。

 

自分や世界を、

何かあっても大丈夫。何とかなる。

と感じているか、

やっぱり上手くいかない。イヤなことばっかり。

と感じているのか。

 

 

 

 

在るべきか。。。

在らざるべきか。。。

それが問題なのぢゃ!

そんな壮大なるハムレットのような悩みとまではないですが、予想外の出来事に遭遇することってありますよね。

 

また次を考えるか、

諦めてしまうか。

 

これは、

愛着が安定しているか、

愛着を諦めているのか、

という心の在り方に繋がっているとワタシは思います。

 

わたしもよく諦めていたなあ。。。

とその時以前の自分を思い出しました。

 

リトリーブを受講する前、わたしの口グセといえば、

まあ、いっか。

もう、いいや。

どうせ、ムリ。

当時は、人生を投げているというか、何も期待しないことで自分を守るというか。。。

まさに自分を諦めていたんですね、わたし。

 

こう聞くと、堕落したような、時の流れに身を任せたような(古)刹那的な生き方を想像するかもしれませんが、そうではありませんでした。

 

自分を諦めながら、

誰かに優しくありたかったし、

誰かの役に立ちたかったし、

誰かを幸せにしたいと思っていました。

 

ええ、割と真剣にそう思っていました。

 

いつも、

「ここには居ない誰か」のことを、わたしは考えていたんです。

 

そうすれば、自分の本当に感じている

心に穴の空いた虚しさ

周りに誰か居ても拭えない孤独感

人を信用していない寂しさ

そんなイヤなモヤモヤを誤魔化すことができたから。

 

本当は自分に起きている事実が、現実が、それほど過酷だということ。

 

それがあまりにもツラすぎて、

本当の自分を感じたくない。

本当に自分が感じている気持ちに気がつきたくない。

だから自分の感じている本音を諦めることで、目の前の事実に直面しなくていいんです。

 

まあ、いっか。

もう、いいや。

どうせ、ムダ。

こう自分に言い聞かせることで、自分の本音や自分自身を諦めることができるから。

 

この守り方は苦しいけれど、

絶対に見たくない事実を見ないでいいのでラクでもあります。

イヤなものから逃げ続けられるからです。

 

自分を諦めて逃げる。

イヤなものを避ける。

これが続くとどうなると思いますか?

 

また続きを月曜日のブログでお届けします!

月曜から早起き!(それは割とフツウ)でお会いしましょう!!!

 

 

<大阪、東京、基礎コース募集中!!!>

どちらも、9月からの開講です。

気になる方は、満席になる前にぜひ!!!

 

 

 

イヤって言ってない。

福岡の心理セラピスト(リトリーブサイコセラピー)の前田ひとみです。

 

わたしってば、何だかストレスが溜まってるなあ。。。

そんなこと、ありますよね。

だけど何でだろう?

自分の思ったことは伝えてるし。

自分の意見も言えてるし。

そんなにガマンしてるつもりもないのに。

 

こんな時、アナタの感じているモヤモヤの感覚は正直なんです。

 

伝えいても、言えていても、ガマンしてないつもりでも、それだけでは問題解決ではないからなんです。

 

今日はそんな、自分の意見を言えてるはずなのにモヤモヤしてしまう心理、

 

「イヤって言ってない。」

というテーマで書いていきます。

 

 

<本当の問題は何か>

これ、実は共依存の問題があるんです。

なぜ?

自分をしっかり出してるのに?

と思うかもしれませんが、大事なのはその自分を出したあとに、アナタがどうしているかなんです。

 

自分の意見を言う、伝える。

それで相手が受け入れてくれた時は何も問題は起こりません。

 

問題は、

相手から

イヤな顔をされた。

否定的な態度が返ってきた。

拒否された。

怒らせてしまった。

傷ついてしまった。

その時に起こるんです。

 

アナタは咄嗟に、

怖い!

めんどくさい!

モメたくない!

そんな気持ちが出て来ないでしょうか?

だから、これって、

本当は自分のイヤを最後まで伝えきることはできていません。

 

アナタは伝えているつもりでも、最終的に相手の反応によって、引っ込めているんです。

 

イヤを言えてないんです。

 

 

 

 

 

そうして、少しでもその雰囲気を察知すると、出した自分の意見や感情を引っ込めて、相手に合わせたり、優先したりする。

 

 

 

拒否されたり、否定されたり、無視されたりすることが、すごく怖いんです。

だけど、その怖さを感じないようにすぐに自分をガマンさせることで収めてしまおうとするんです。

それくらい、相手の反応が怖い自分がいるんです。

 

そして、相手を傷つけたり、悲しませたりしてしまうようで耐えられなくなってしまう。

自分を悪者にして、自分が悪いことにして、そうして相手を優先させているんです。

 

これは親子の役割逆転です。

 

アナタは、ずっと一方的なコミュニケーションをしてきたり、かわいそうだったりした親の心理的なお世話をしてきていませんか?

 

大切な人を、

悲しまないように。

傷つかないように。

壊れてしまわないように。

 

親の

怒りや

恐怖や

悲しみを

自分のものとして感じて、まるでお母さんのお母さんのように、支えてあげる。

 

だからアナタは、まるで今もお母さんと関わっているかのように、周りの人とも今も関わっているんです。

 

 

 

<このままだとどうなるか>

自分としては意見を言っている、伝えている、そのつもりでも、最終的には自分を抑えてガマンすることを選んでいるので、もちろんイライラやストレスは溜まってしまいます。

 

自分を最後まで守ることができていないから。

 

自分の意見や感情を一度出しただけで、相手の態度によってその対応はすぐに変わってしまい、自分の意見や感情を通していません。

 

自分を貫いていないんです。

 

だから結局、相手に主導権を渡して、自分の中にある「イヤ!」という気持ちを大事にできていないんです。

 

自分の欲求や感情を素直に出すことは、相手を

傷つける。

悲しませる。

怒らせる。

そうなることだと信じてしまうんです。

 

アナタはこのままだと、ずっと自分を抑えつけて、ガマンして生きていくことになってしまいます。

 

<解決に向けて>

自分の意思や感情や欲求を出しているようで、相手の態度によってすぐに変わってしまう。

実は、イヤって言ってない。

問題はそこなんです。

アナタが肝心な時に、自分のイヤを貫けていない。

アナタがアナタを大事にできていないんです。

 

アナタが自分の気持ちを大事にすることは、大切な人を

悲しませることではないんです。

怒らせることではないんです。

傷つけることではないんです。

 

アナタが親の心理的なお世話をずっとしてきているのなら、アナタはきっと自分だけが

自由に

楽しく

幸せになることが

怖くてたまらないはずです。

 

けれど、アナタがどれだけ尽くしてお世話をしたとしても、お母さんは幸せを選ばないんです。

 

それどころか、より不幸になっていくんです。

 

人を幸せにすることだけが、アナタの幸せではありません。

アナタがアナタを幸せにしたいかどうか。

 

そのために、

アナタがアナタを大事にするために、イヤをしっかり表明すること。

 

自分のイヤを本当に言えているのかどうか、自分にしっかり聞いてみてくださいね。